京ノマドママの不妊治療ブログ

移転しました。お手数ですがhttp://nomadomama.work/にブックマーク、リンクの変更などお願いします。(ページは自動で遷移します)

【精子の減少&老化】NHKクローズアップ現代が報道した新事実について

WHOによると、不妊の原因は、半数が男性側にあるとされています。

しかし、検査を嫌がる男性が多いのも事実。

うちの旦那氏も、はっきりと「嫌」とは言いませんでしたが、かなり抵抗があったようです。

しかし、2018年2月6日に放送されたクローズアップ現代によると、

現代男性の精子濃度が減っているだけでなく、ある年齢を境に「受精卵の細胞分裂ができない」精子が急増する可能性があるとのこと。

そこで今回は、放送の内容をもとに、精子の質低下の原因、精子の状態を回復させる方法についてまとめました。

 

現代男性の精子が減っている

2017年に欧州の研究チームは、欧州男性の精子の数と濃度が、過去約40年で50%以上減少したとの結果を発表しました。

また、日本国内のクリニックが過去3年間に検査した精子の濃度や運動率によると、6人に1人がWHOの基準を下回ったとのこと。

*1

 中国の国営精子バンクの調査結果でも、男性のおよそ7割が基準を下回り、精液が足りない状態が続いています。

 

精子の老化は30代から要注意

獨協大学の最新の研究では、見た目が元気な精子でも、中身が老化している場合があるとのこと。

*2

右側が正常な精子を入れたもの。受精卵が細胞分裂をするために活性化しています。

左側は老化した精子を入れたもの。受精卵は分裂に必要な活性化に至っていません。

この研究から、35歳を過ぎると細胞分裂を促す精子の力が衰える男性が存在することが分かっています。

今までの精子検査では、濃度や運動率などの「見た目」の検定が主でした。

しかしこの新事実から、これからは精子の「質」の検定も必要になってくることが伺えます。

年齢的に子どもができにくくなるのは、女性だけではなく、男性にも責任の一端があるのです。 

精子の力が衰える原因

原因の1つと考えられているのが、精子の中にあるDNAの損傷です。

精子のDNAが傷ついていると、卵子のDNAとうまく結合できず、細胞分裂が正常に進まないと考えられています。

  

精子減少と老化の原因

精子の減少と老化の原因は、はっきりとは分かっていません。

現時点で考えられている原因は2つあります。

1つは環境の変化、もう1つはライフスタイルの変化です。 

 

環境の変化

過去50年間を振り返ると、私たちをとりまく環境は大きく様変わりしています。

日本国内の研究や、各専門家によると、以下の環境要因が精子に影響を与えていると考えれらています。

・PM2.5*3

・プラスチック

・新たな化学物質

・農業で使われるホルモン剤や殺虫剤*4

また、根本的な原因は、世代をまたぐ可能性があるとの指摘もあります。

それは、出産前に母親やそのまた母親が妊娠しているとき、外部環境との接触が大きな影響を与えるというものです。*5

 

ライフスタイルの変化

ここ数十年で人間のライフスタイルは大きく変わりました。

例としてとして、次のことが挙げられます。

・肥満の増加

・睡眠不足の増加

・たばこ

・ストレス

・貧しい食生活

上記のような、体の「老化のストレス」を増やすような生活習慣が、精子の減少やDNAの損傷につながる可能性が指摘されています。*6

 

精子減少と老化の回復

早めに精液検査をする

精液検査を受けるのは、一般的には泌尿器科ですがあまり知られていません。

また、産婦人科でも受けれますが、産婦人科を受診することに抵抗を感じる男性は多いです。

しかし、精子の老化のスピードを考えると、早めに検査をして問題を把握することが肝心です。

そこで開発されたのが、スマホを使った簡易的な精子検査です。

放送では、精子検査の商品名が明かされていませんでしたが、「ハフィントンポスト」で、精子チェックアプリ&キット「Seem」が紹介されていました

2016年11月にリクルートライフスタイルが発売したものです。 

 

ライフスタイルを変える

現時点では科学的に証明されていませんが、ライフスタイル(例:睡眠不足や肥満)を変えることで、体にかかる老化のストレスが下がり、精子の状態を改善できる可能性があるとのこと。

また、精子を守るための7ヶ条として、次の事項に注意する必要があります。

*7

※②精子が精巣から出て精管を通るときに、酸化の老化ストレスを受ける。

※③~⑤精巣は熱ストレスに非常に弱い。

※⑥自転車は、会陰部と陰嚢下部の細かい血管にダメージを与える。

※⑦育毛剤は、ホルモンに影響を及ぼすことがある。

 ライフスタイルの改善による精子への影響は、あくまで「可能性」という段階なので、今後の研究に注目したいところです。

 

まとめ

現代男性は、過去と比較して精子が減少しており、30代で精子の老化が始まります。

その原因は、環境の変化とライフスタイルの変化だと考えられています。

まずは精液検査を受けて自分の精子の状態を把握することが肝心。

精子力の回復については、まだ科学的根拠を持つものはありませんが、ライフスタイルに気を遣うことで、改善の可能性があります。

NHK不妊治療に対して踏み込んだ報道をしてくれるので、今後の放送も要チェックです。

 

 

関連記事です。

不妊治療がうまくいかないときは本当に辛いです。それはもう、人生で1番しんどいんじゃないかっていう…。

そんなときに読んでほしい記事です。 

nomadomama.hatenablog.com

 

以上、「【精子の減少&老化】NHKクローズアップ現代が報道した新事実について」でした。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ