京ノマドママの不妊治療ブログ

移転しました。お手数ですがhttp://nomadomama.work/にブックマーク、リンクの変更などお願いします。(ページは自動で遷移します)

【胚培養士】体外受精では、医師よりも胚培養士の技術力が大事

 採取した卵子精子を受精させて育てるのは、胚培養士の仕事です。

医師は治療方針と採卵まで関わりますが、それから先は胚培養士の領域。

胚培養士が受精卵の運命を握っていると言っても過言ではないのですが、その技術力に大きな差があることについて、NHKが報じていました。

 

どんな人が胚培養士になるの?

胚培養士は農学部系の大学で動物の卵子精子を扱っていた学生が、医療機関に就職してから訓練を受けてなるケースが多くなっています。「日本卵子学会」と「日本臨床エンブリオ学会」、2つの学会による認定試験がありますが、国家資格ではありません。*1

 高度生殖医療に携わる胚培養士が、農学部系の学生で、医療機関に就職して初めてヒトの受精卵を取り扱う訓練を受けるとは驚きですね。

また、胚培養士の訓練には全国共通のマニュアルがあるわけではなく、技術力や倫理感の養成については、就職した医療機関に委ねられています。

少なくとも、胚培養士の訓練については、特定機関の実施と、共通のマニュアルを設けてほしいです…。

 

「見えない胚培養士」が受精卵の運命を握っている

精子卵子が運ばれて、受精が行われるのが培養室ですが、患者は出入りできません。

ここで作業をするのが胚培養士です。

胚培養士の技術によって受精卵の育ち方に違いが出てくると言われています。卵子のどこに精子を注入させるのか、まずその場所選びが、受精卵が育つかどうかを左右します。

また卵子をできるだけ傷つけないために、どのガラス管を使うのか、精子卵子にどのくらいの角度やスピードで注入するかも重要です。
そして機械で微細な振動を与えながら行う「ピエゾ」と呼ばれる顕微授精は刺激が少ないため、卵子が老化し膜が弱くなっていても有効です。しかしこれができる培養士はごくわずかと言われています。卵子精子の行く末を握っている胚培養士、その技術に大きな差があるのです。*2

生命の源を左右する胚培養士ですが、通常、患者と接することはあまりありません。

私も、誰が私たち夫婦の精子卵子を扱っていたのか知りません。

不妊治療をしていたときも、会ったこともない胚培養士に大事な命を預けることに対して、不安を感じることがありました。 

 

胚培養士の実態

内部の声からは、次のような信じられない実態が明らかにされています。

「人事交流でクリニックに来た胚培養士の技術がひどいため、卵子を触らせなかった」

「やりながら学ぶしかないので、初めのころは失敗があった」*3

「受精卵を紛失した」「培養液を入れ忘れ受精卵が死んでしまった」*4

「受精卵が育たなくても、患者のせいにできてしまう」*5

当事者夫婦は、胚培養士を選ぶことはできません。

胚培養士にとっては、成長の過程での失敗だったとしても、夫婦にとっては、かけがえのない子供になるかもしれない受精卵です。

胚培養士が壁の向こう側にいることで、当事者夫婦に知らされない事実が多くあることに、不安と不信がつのります。

胚培養士の技術が、施設によって大きく異なるという事実。

なんとか胚培養士について知る機会が欲しいです。

  

まとめ

胚培養士の訓練については、個人の努力に任されているだけで、学ぶ機会が無い施設も少なくありません。

また、どんな胚培養士が精子卵子を扱っているのか、そして培養室で何が行われているのかを知る機会も、ほとんどありません。

私たち患者は非常に弱い立場に置かれています。

患者が胚培養士を知ることができるシステムと、その技術と倫理観を担保する仕組みが必要です。

当事者夫婦としては、かかっている医療機関に、胚培養士について尋ねてみてもいいかもしれません。

 

 

関連記事です。

NHKは、今回のニュースだけでなく、生殖医療関係についてよく報道をしています。 

nomadomama.hatenablog.com

 

 

胚培養士の技術に左右される受精卵ですが、私の場合、胚盤胞まで育ったのは半分ほどでした。 

nomadomama.hatenablog.com

 

以上、「【胚培養士】体外受精では、医師よりも胚培養士の技術力が大事」でした。 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ