京ノマドママの不妊治療ブログ

移転しました。お手数ですがhttp://nomadomama.work/にブックマーク、リンクの変更などお願いします。(ページは自動で遷移します)

【不妊治療の検査】黄体機能不全でAMHは正常。子宮卵管造影検査は重い生理痛のような感覚

【】不妊治療の病院では、時間を節約するために、タイミング法や人工授精と並行して各種検査も行いました。

実施した検査は次のとおりです。

 

基本的な4つの検査

1 基礎体温(無料)

  朝、目が覚めたら布団から出る前に婦人体温計で体温をはかり、グラフにつけていきます。  

  私は数周期グラフをつけたところ、高温期がはっきりしない周期があり、黄体機能不全の可能性を指摘されました。

  黄体機能不全自体は薬を服用すれば改善するし、問題点が判明して良かったのですが、なんとなくショックでした。。。

  ちなみに、使用していた基礎体温系は、「テルモ」の「ウーマンドシー」です。20秒で計測できるので、ストレスはあまり感じませんでした。

  当時使用していたスマホおサイフケータイ機能がなかったので、データ送信機能がないものを使用していました。

  思い出したときに手書きで基礎体温表をつけていましたが、もしおサイフケータイ機能があれば、データ送信機能付きのものにしていたと思います。 

 

2 ホルモン検査(AMH以外は保険適用)

  月経が始まった日を1日目として、3~4日目に採血する検査です。

  検査項目と検査結果は以表のとおりです。

f:id:nomadomama:20171206154033p:plain

  エストラジオール(=黄体ホルモンの一種)の値が基準値よりも低いですね。「1」の基礎体温検査での黄体機能不全疑いが、血液検査でも立証された形になります。

  そこで、タイミング法と人工授精の期間中は「デュファストン」という黄体ホルモンを補充するお薬を処方されていました。

  あと、自費検査ではありますが、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査は、卵巣年齢を知っておくために必要な検査です。

  AMHが低いと、卵巣年齢があがっていることを示します。

  卵巣年齢が高い場合は治療を急いだほうが良いとされています。

  私は結果的に体外受精を受けることになるのですが、AMHが年齢のわりに高めだったので、タイミング法と人工授精を納得いくまで行うことができました。

 

3 精液検査(自費)

  旦那氏が受ける唯一の検査で、保険適用外です。

  病院でもらった容器に、旦那氏が朝お家で採精したものを入れて、3時間以内に持っていきます。

  20度~30度くらいの温度が適温とされているので、胸ポケットに入れて持っていきました。

  電車で通院していたので、満員電車にもまれながら胸ポケットを大事になでなで。適温になるように気を付けました。(熱くなりすぎも冷めすぎもNGです)

  検査を受ける前は、「私には問題ない。ストレスフルな仕事をしている旦那氏に原因があるのでは」なんてことを思ったりしたものですが、結果は、液量・濃度・運動率・奇形等、すべての項目がA評価。

  喜ばしい結果だったのですが、不妊のすべての責任が自分にある気がして、優しい旦那氏に申し訳なく、そして自分をみじめに感じてしまいました。なさけないっす。

  お仕事頑張ってるのに、旦那氏ごめんね…。  

 

4 子宮卵管造影(保険適用)

  生理が終わったころに子宮にレントゲン造影剤をいれて、子宮の形が正常であるか、卵管が通っているか、をみます。

   この検査、レントゲン造影剤をいれるときちょっと冷や~っとするのですが、そのあと重い生理痛のような感覚がやってきます。

  「痛み」というよりは「ずーん」と重い感覚が下腹部に現れるかんじ。

  検査結果は、子宮の形が弓状子宮。卵管は左右ともに正常。

  弓状子宮は子宮底部が少しくぼんでいるものですが、医師の説明では妊娠や出産に影響を及ぼすことは全くないとのことでした。

  ちょっと一安心。

f:id:nomadomama:20171209165014p:plain

  ちなみに、卵管造影検査で卵管のつまりが取れることも多いです。

  また、医師から「卵管造影検査の後は妊娠のゴールデンタイムですよ!」と言われましたが、造影剤を入れることで卵管や子宮をきれいにする正の副作用もあるみたいです。

 

その他の検査

 その他の検査として、医師から腹腔鏡検査について言及がありました。これは腹腔内を直接スコープで見る検査で、 子宮内膜症や卵管癒着・閉塞などが疑われた場合に、全身麻酔で行うものです。

 ただ、担当の医師からは腹腔鏡検査はあまりお勧めしないと言われました。

 その理由として、検査で治療が1~2周期遅れてしまうこと、全身麻酔で検査をするため体への負担と仕事等の私生活に影響が出てしまうことを挙げていました。

 たしかに、検査結果が悪くても体外受精を選択することになるだけなので、タイミング法→人工授精→体外受精とステップアップしていくほうが合理的ですよね。

 

 

関連記事です。

 

 

基礎体温表の実績をのせています。

高温期がはっきりせず、黄体機能不全の可能性を指摘されました。 

nomadomama.hatenablog.com

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ