京ノマドママの不妊治療ブログ

移転しました。お手数ですがhttp://nomadomama.work/にブックマーク、リンクの変更などお願いします。(ページは自動で遷移します)

タイミング法で妊娠できると思っていたのに実際は

子宮筋腫摘出手術を受けた後、体調は回復。医師からのGOサインも出て、

さぁこれから子づくりですよ!私は20代。すぐに妊娠できるわ!

と思っていた私でしたが、待てども暮らせども子供ができず…。

 気が付いたら、結婚して2年、手術から1年が経過していました。

そこで最初に行ったのが、タイミング法。以下の方法で試みました。

 

1 排卵検査薬

はじめに、市販の排卵検査薬を購入し、排卵予定日を検査しました。

排卵検査薬って、限られた薬局にしか置いてないし、値段もお高め。

「でもまぁ噂に聞く不妊治療に比べたら安いもんよ!」

と自分に言い聞かせ、ロート製薬の「ドゥーテスト」を購入。

(実際には、体外受精まですることになったので、ウン百万円が飛んでいくことになるのですが…)

妊娠検査薬が陽性ならよかったのに…。とよく似た排卵検査薬が陽性を示す日に旦那氏と仲良し。

排卵日だから仲良しして!」とストレートに伝えるのが恥ずかしくて、それとな~く旦那氏を誘う私。

しかし、私の誘い方が下手なのか、お互いになんだか気持ちの乗らない仲良し。

そんな仲良しをしたのに、なぜだか生理がやってきますよ?

検査薬を全部使っちゃいましたよ?

ということで、正確に排卵日の判定をしてもらえそうな病院に行くことにしました。

 

2 基礎体温表と医師の排卵モニタリング

次に、子宮筋腫摘出手術を受けた婦人科を受診しました。

この病院は総合病院で、不妊治療から婦人科・産科まで整っていたので、情報の一元化という観点から選択。

そこで指示されたのが、基礎体温表をつけることと、排卵モニタリングのための定期的な受診です。

毎朝眠い目をこすりながら基礎体温を測りつづけたところ、高温期がわかりにくい周期があるので、黄体機能不全の可能性があると診断されました。

f:id:nomadomama:20171203224917p:plain

処方されたデュファストンを服用しながら、定期的に排卵モニタリングを受け、医師に指示された日に仲良し。

それとな~く旦那氏をお誘いするも、やっぱり気の乗らない仲良し。

そんな仲良しを6周期続けた私たち。

それでも妊娠しない。

医師から、人工受精を勧められました。

 

 

 

 関連記事です。 

 

人工授精を10回受けましたが、いずれも失敗に終わりました。

処置の際に子宮を引っ張られ、とっても痛~い思いをしました。。。

 

nomadomama.hatenablog.com

 

 

 子宮筋腫を開腹手術で摘出しました。

nomadomama.hatenablog.com

 

 

自己検査で使用した排卵検査薬です。

試しに病院での排卵モニタリングと併用してみたこともありますが、医師の判断とほぼ一緒!精度の高さに驚きました。 

【第1類医薬品】ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬 12本

【第1類医薬品】ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬 12本

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ